短縮履修モデル

入学の段階で、博士論文のテーマに関連する優秀な研究業績がある場合には、このような短縮修了(最短1年)も可能です。
※毎年6月、9月、12月、3月に修了する機会があります

(例:入学後1年半で修了する場合)

D1 講究
(ゼミ)
【入学時】研究計画策定
【入学後3ヶ月】中間審査
・研究論文の査読付き学術雑誌への投稿

・国内外の研究集会での発表

 
講究
(ゼミ)
D2 講究
(ゼミ)
【修了予定約4~5ヶ月前】
博士論文ドラフト作成と予備審査
【修了予定約3ヶ月前】
博士論文発表会
【修了予定約2ヶ月前】最終試験
博士取得修了
 

学位の種類は、その研究内容に応じて、博士(技術経営)、博士(工学)、博士(学術)のいずれかになります。

コメントは停止中です。