履修例

個別メニューに応じた履修メニュー(カスタマイズド履修メニュー)

技術経営専攻では,全学支援の体制のもとで学生一人一人が自分の関心・目的に応じてアラカルト的に履修メニューを選択することができ,希望する特定の技術科目や知的財産マネジメント・金融工学の分野を集中・選択的に学習することが可能です。

履修方法としては,入学時に指導教員と面談の上で個人のニーズを明確にし,それに応じてカスタマイズされた体系メニューを構築した上で,履修を進めて行きます。

例えば,技術経営を総合的に学びたい場合には,技術経営に加えて金融工学について深い専門的知識を学ぶための履修モデルや経営管理の基礎的な知識修得を必要とする場合の履修モデルを用意しています。

技術経営を総合的に学びたい場合

その他,技術経営と同時に特定分野の先端技術とそのビジネスを学習したい学生に対しては,指導教員との相談の上で履修する先端技術科目群を選定し,履修を行うとともにその分野の教員を副指導教員としてその研究室とも交流できるような配慮をいたします。同時にその副指導教員の所属する専攻を副専門とすることができます。

情報・サービスイノベーション分野を核として学びたい場合

金融工学の専門家を目指す場合には、ファイナンス科目群を重点的に取得して卒業が出来ます。

金融工学についても深い専門知識を学びたい場合

この他にも,知的財産マネジメントを目指す学生の場合には,技術経営基幹科目の中の知的財産科目群を重点的に履修した上,技術科目群として経営工学専攻の開講科目をカスタマイズ科目として選択することで,ニーズにあった履修メニューを構成できます。

知的財産マネジメントの専門家を目指す場合

コメントは停止中です。