宮本 明子

宮本 明子 助教

田町 CIC-809
Email: miyamoto.a.ac[at]m.titech.ac.jp
Tel: 03-3454-8870


分野
学習環境デザイン、大学教育、表象文化論、アーカイブ、アカデミックライティング
学位
修士(文学) 早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学
略歴
早稲田大学演劇博物館グローバルCOE RA(2010年4月-2011年1月)、早稲田大学オープン教育センター 研究助手(2011年2月-2012年3月)、早稲田大学文学学術院 助手(2012年4月-2015年3月)を経て現職。早稲田大学文学学術院 非常勤講師、早稲田大学総合人文科学研究センター 招聘研究員(2015年4月-現在)。
主な業績
  1. 中村三春 他『〈交響〉する文学と映画(仮題)』(分担執筆)(印刷中)森話社、2016年。
  2. 宮本明子「はじまりとしての『晩春』」『ユリイカ』第48巻3号、青土社、100-108頁、2016年。
  3. 宮本明子「震災以後の「異郷」」輔仁大學外語學院日本語文學系『日本語日本文學』第41輯、134-149頁、2014年。
  4. 宮本明子「『小津的なユーモア』をめぐって―映画と文学―」、『次世代人文社会研究』第10号、89-104頁、2014年。
  5. 宮本明子「『おじさん』の系譜―『彼岸花』から『秋刀魚の味』そして『青春放課後』まで―」、『ユリイカ』11月臨時増刊号、211-222頁、青土社、2013年。
  6. 佐渡島紗織、太田裕子編『文章チュータリングの理念と実践―早稲田大学ライティング・センターでの取り組み』(分担執筆)、226-229頁、ひつじ書房、2013年。
  7. 佐渡島紗織、冨永敦子、太田裕子、齋藤綾子、宮本明子「早稲田大学における学術的文章作成授業の成果―大学院生が個別指導するeラーニング初年次授業―」、『大学教育学会誌』34(1)、119-126頁、2012年。
  8. 宮本明子「鏡の中の紀子―『晩春』における『杜若 戀之舞』―」、『演劇博物館GCOE紀要 演劇映像学2010』第1集、75-90頁、2011年。
  9. 宮本明子「『早春』と里見弴―『「早春」修正入台本』上の加筆修正をめぐって―」、『表象』第4号、188-205頁、月曜社、2010年。
本研究科をはじめ、学内各機関が関わる「社会人教育院」のマネジメントに携わっています。さまざまな背景を持つ受講生の方、教員、スタッフからの現場の声を大切に、今後も充実したプログラムを企画、発信していきます。

コメントは停止中です。