教育訓練給付金制度について(平成26年度入学者まで)

(以下の記載は平成26年度入学者までのものになります。平成27年度以降の入学者については専門実践教育訓練給付制度となります。問い合わせは下記に記載の教務課大学院グループにお願いいたします。)

技術経営専攻は、教育訓練講座に指定されていますので、支給条件に該当している場合は、現住所のハローワークに教育訓練給付金の申請をすることができます。
ハローワークへの申請は、修了日翌日から起算して一ヶ月以内です。
申請にあたっては、大学へ申請が必要な書類がありますので、ご注意ください。

[支給対象者 次の(1)又は(2)のいずれかに該当していること]
(1) 雇用保険の一般被保険者
厚生労働大臣が指定した教育訓練の受講を開始した日(受講開始日)において雇用保険の一般被保険者である方のうち、支給要件期間が3年以上ある方。
(2) 雇用保険の一般被保険者であった方
受講開始日において一般被保険者でない方のうち、一般被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までが1年(適用対象期間の延長が行われた場合には最大4年)
以内であり、かつ支給要件期間が3年以上ある方。
※ 上記(1)、(2)とも当分の間、初めて教育訓練給付の支給を受けようとする方については支給要件期間が1年以上あれば可。

●詳細はHPで確認してください。
http://www2.mhlw.go.jp/topics/seido/anteikyoku/kyouiku/
受給資格等は、直接ハローワークに確認してください。

[大学で入手する書類]
●職業訓練給付金支給申請書一式(教務課大学院グループで配付)
●教育訓練修了証明書(教務課大学院グループに申請)
●入学料、授業料の領収書(教務課大学院グループに申請)
(教務課大学院グループ:03-5734-7642)
※大学で入手する書類については、直接教務課に確認しください。

(申請の流れ)※申請から申請書類ができるまで、10日ほどかかるので、
余裕をみて、申請を行うこと。

1.本人が教務課大学院グループに請求(西8号館1階)
(申請書一式、教育訓練修了証明書、領収書)
      ↓窓口又は郵送

2.大学院グループ
      ↓申請書一式、教育訓練修了証明書、領収書
      ↓窓口手渡し又は郵送
3.本人(書類が揃ったら、ハローワークに申請する)
      
—窓口の場合—————————
1.用意するもの
  ・学生証又は身分の証明できるもの
  ・住民票の住所が確認できるもの(住民票、免許証など)
  ・返信用封筒(A4の入るもの)に郵便番号、住所、氏名を記入して140円切手を貼る。

2.教務課窓口で「教育訓練修了証明書」及び「領収書」発行願いを記入し提出する。(※住民票の住所を記載)

3.教務課窓口で以下の関係資料を受け取る。
  ・教育訓練給付の至急申請手続について
  ・申請書記載に当たっての注意事項
  ・教育訓練給付金支給申請書
  ・教育訓練給付金支給要件照会票

4.教務課が返信用封筒により、「教育訓練修了証明書」及び「領収書」を郵送する。
 (郵送まで10日程かかるので、余裕をもって申請すること)

—郵送の場合—————————
1.郵送する書類
  ・学生証又は身分の証明できるものの写し
  ・住民票の住所が確認できるものの写し(住民票、免許証など)
  ・返信用封筒(A4の入るもの)に郵便番号、住所、氏名を記入して140円切手を貼る。
  ・「教育訓練修了証明書」及び「領収書」交付願・・・書式自由

2.教務課が、返信用封筒により、以下の書類を郵送する。
 (郵送まで10日程かかるので、余裕をもって申請すること。)
  ・教育訓練給付の至急申請手続について
  ・申請書記載に当たっての注意事項
  ・教育訓練給付金支給申請書
  ・教育訓練給付金支給要件照会票
  ・教育訓練修了証明書
  ・領収書

●郵送先
〒152-8550
 目黒区大岡山2-12-1-W8-101
 東京工業大学教務課大学院グループ
●問い合わせ先
 教務課大学院グループ:03-5734-7642

コメントは停止中です。