修了生のコメント : 原田 明典さん(比嘉研究室:平成22年3月修了)

原田 明典さん(比嘉研究室:平成22年3月修了、IT企業 取締役)

一般的なMBAと違ってMOTは創造をマネジメントしていこうとする高度な試みです。技術革新や発明からプロダクトアウトで事業を創っていくというプロセスを成功させる為には、技術や事業知識に長けているだけではなく、社会の本質的な課題、時代の流れ(歴史)など様々なことに目を向けてそこから得たもの全てに対して、新しいテクノロジーで応えていこうとするタフな総合力が必要となります。まさに次代をつくるということがGOALであり、またそこにGOALは無いとも言えます。

このような事業家や技術リーダーを目指す人はぜひ東工大MOTにチャレンジして欲しいと思います。東工大MOTは大学院です。講義から知識を得ることが目的の学士の授業とは違います。講義は示唆と契機を得る場に過ぎません。イノベーティブな事業家を目指すプロセスの中に東工大MOTおよび東工大院の様々なプログラムを活用して、自分自身のイノベーション論を確立し、それを論文にまとめ上げるのが東工大IM研究科でのいったんのGOALとなりますが、自己研究のペースメーカーとしても皆さんの成長に寄与するでしょう。

そして修了後が皆さんの事業家としての新たな始まりとなるでしょう。私も修了後も日々自分自身のイノベーション論をさらに磨くべく戦っています。実戦は研究科での議論ほど摩擦係数が少なくは無いですが、理論と実践を繰り返し悪戦苦闘しながらユーザーベネフィットと株主利益および社員やパートナーの満足の最大化を目指しつつ、より良い新しい世界を切り拓く為に日々突き進んでいます。

コメントは停止中です。